焼き芋がダイエットに向いているって本当?

ダイエット
スポンサードサーチ

焼き芋ブームがひそかに続いています。

最近、スーパーの入り口付近に焼き芋が売っているお店が多くなりました。

あのいい匂いに、肌寒い日には食べたくなります。

焼き芋はカロリーが高いけれど、実はダイエットに向いているのです。

焼き芋にあるダイエット効果とは?

・焼き芋には、「ポテトプロテイン」という成分が豊富に含まれています。

このポテトプロテインには、満腹中枢を刺激してくれる働きがあります。

 

満腹中枢が刺激されると、少量で満腹感を得ることができるので、間食や食事の量を減らせ1日の摂取カロリーをカットすることができます。

 

・ビタミンCが代謝を高めてくれる

焼き芋には、「ビタミンC」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンCには、「DHEA」という若返りホルモンの分泌を促してくれる働きがあります。

このDHEAというホルモンが分泌されると、老化した内臓や細胞が若返り、働きが活発になって、代謝がアップします。

それで痩せやすい体を作ることができるのです。

 

・安眠効果があり、痩せ体質になれる

焼き芋を食べると、安眠を促進してくれると効果があります。

人は寝ている間にもカロリーを消費しています。

質の良い睡眠をとると、この消費カロリーの量を増やすことができるのです。

 

・ヤラピンが便秘を解消してくれる

さらに焼き芋には「ヤラピン」という栄養素が豊富に含まれています。

このヤラピンには、腸のぜん動運動を促してくれる働きがあると言われています。

腸のぜん動運動が促進されると、腸の働きが活発になって、便秘が解消されるのです。

便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素が排出されやすくなるので、太りにくくなります。

カロリーも糖質も高い焼き芋をダイエット中に食べる注意点とは?

1日に半分の焼き芋を夕食前に食べる(一日一本は多すぎで太ります)

焼き芋はカロリーも糖質も高いですが、ダイエット中に焼き芋を食べても太りにくくする食べ方として、1日に半分の量を夕食前に食べるという方法をおすすめします。

焼き芋は満腹感がある食べ物です。

夕食の前に焼き芋を食べることによって、焼き芋でお腹がいっぱいになり、食事による摂取カロリーを減らすことができます。

他に注意点としては、焼き芋は皮をむかずにそのまま食べることです。

焼き芋の皮にも、先ほど紹介した成分が含まれているからです。

 

高カロリー・高糖質な焼き芋でも食べ方次第では太りにくくすることができます。

みなさんも焼き芋ダイエットを試してみてはいかがですか?