朝バナナダイエットの正しいやり方!

ダイエット
スポンサードサーチ

数年前に朝バナナダイエットが大流行したことを覚えている方は多いのではないでしょうか。

朝バナナダイエットとは、その名前の通り、朝食にバナナを摂取することでダイエット効果を上げるダイエットになります。

そこで、当記事では朝バナナダイエットの正しいやり方を解説します。


朝バナナダイエットの注意点

実際、朝食にバナナを摂取することは、ダイエット効果があり、多くの方が朝バナナダイエットに取り組まれたのではないでしょうか。

しかし、朝バナナダイエットをする上で、気を付けなければいけないことがあります。

いくらバナナがダイエットに効果的だからといって、朝昼晩全てバナナだけ摂取していると栄養バランスが崩れてしまうことです。

低カロリーのバナナだけを摂取するような、無理なダイエットでは身体を壊してしまい、ダイエットどころではありません。

バナナは栄養価が高く、食物繊維が豊富です。

そのため、腹持ちが良く、満腹感を味わいやすいです。

そんなバナナの良い点を上手く食生活に取り入れることで、身体に負担をかけることなくダイエット効果を出すことが可能になります。


朝バナナダイエットの正しいやり方

朝バナナダイエットの正しいやり方は、朝食はバナナと常温の水だけにするのですが、昼食と夕食に関しては、栄養バランスを考えてきちんと栄養的な献立にすることです。

また、朝食でバナナを食べる際は、よく噛んで味わって食べることで、満腹感を十分に感じることができ、腹持ちが良くなります。

そのため、昼食の量も自然と減りやすくなります。

もちろん、昼食の量が減ると、栄養バランスを崩しやすくなります。

ですので、より一層栄養バランスを心掛けた献立にする必要があります。

また、朝食時にバナナと一緒に常温の水を飲むことで、便秘解消効果を促すことができるので、朝バナナダイエットでは朝食時にバナナと常温の水を摂取することが望ましいです。

食べ過ぎは禁物

朝にバナナを食べて、それだけで1日を過ごすことはダメですが、逆にバナナだからといって食べ過ぎてしまうこともダメです。

バナナを食べ過ぎるということは、その分、果糖を大量に摂取することになります。

朝バナナダイエットの脂肪燃焼効果はバナナを食べたら食べた分だけ効果が上がるわけではありません。

食べ過ぎると果糖に含まれる糖分を大量に摂取することになるので逆効果です。

適度に摂取することが何よりも重要です。

また、バナナには消化酸素効果がありますが、お菓子をいっぱい食べて糖分を大量摂取しては意味がありません。

お菓子の糖分がバナナの消化酸素を消してしまい、太ってしまう一方です。

朝バナナダイエットは朝にバナナを食べておけば、後は何でも食べていいといった勘違いをされる方もいますが、もちろん、ダイエットですので食べ過ぎると痩せることはありません。

まとめ

朝バナナダイエットの良いところは、取り組もうと思ったらすぐに取り組めることです。

スーパーにいけばバナナは売っているので、明日の朝から朝バナナダイエットに取り組むことができます。

もちろん、バナナが苦手な方からしたら、朝バナナダイエットは苦でしかないと思います。

そこで、バナナが苦手な方にはバナナの代わりにキウイフルーツがおすすめです。

キウイフルーツはバナナと栄養価が似ているため、朝バナナダイエットと同じ効果を発揮してくれます。

もちろん、バナナでもキウイフルーツでも、間違ったダイエットのやり方では効果はありません。

正しい方法でダイエットに取り組むことで、ダイエット効果が現れます。

身体に負担をかけてしまうダイエットにならないように気を付けましょう。