栄養価の高いブロッコリーでダイエット!

ダイエット
Vector illustration of broccoli.
スポンサードサーチ

今回はブロッコリーをより美味しくダイエットに活かすためのおすすめの食べ方などをご紹介していきます。

野菜の中でも様々な高い栄養価を持つといわれる野菜「ブロッコリー」。

ブロッコリーの栄養一覧

・ビタミンA 83.75μg カリウム 450mg

・ビタミンB6 0.34mg カルシウム 47.5mg

・ビタミンB2 0.25mg マグネシウム 32.5mg

・ビタミンK 200μg 鉄 1.25mg

・ビタミンE 3mg パントテン酸 1.4mg

・葉酸 265.5μg 食物繊維 5.5g

・ビタミンC 150mg モリブデン 15μg

この中で特に目立つのは、ビタミンCやビタミンKの含有量の多さです。

ビタミンC:コラーゲンの構築の際に補酵素として機能する事や、抗酸化作用など、 様々な生体機能に関与しています。

ビタミンK:血液凝固や骨の代謝にも関係し、骨粗鬆症の予防に効果があることが分かり注目されるようになりました

ダイエットに最適な野菜ブロッコリー

ダイエットや便秘の解消などに効果を発揮する食物繊維や、新陳代謝には欠かせないカリウムや鉄などのミネラル類、ビタミンA・E・K・Bなどビタミン類などの栄養が含まれています。

 

ブロッコリーは脂質の代謝や脂肪燃焼に効果的!

まず脂質の代謝を助ける効果としては、ブロッコリーに含まれる栄養素の一つ「クロム」の存在が挙げられます。

このクロムはいわゆるミネラル類の一種で、体内に摂取された糖質・タンパク質・脂質の代謝を助ける効果持っている栄養素です。

また脂肪の燃焼を助ける効果としては、「カルシウム」が効果を発揮します。

実は成長を助ける栄養素としてのイメージが強いカルシウムには、脂肪をため込み分解しにくくするホルモン「カルシトリオール」の分泌量を抑える働きが備わっています。

そのためカルシウムを摂取することは、普段よりも脂肪の分解をしやすくすることにつながるため、脂肪の燃焼促進に効果的です。

 

ブロッコリーは筋肉増強に効果有り?!

まず一つ目に挙げられるのは、「インドール- 3-カルビノール」という栄養素の効果です。

またもう一つの効果として挙げられるのが、「ジインドリルメタン」という成分が持つテストステロンの同化作用を高める効果です。

このテストステロンは男性ホルモンの一種で、筋肉や骨格の成長に大きくかかわる働きを持っているため、筋トレの効果をさらに高めることに繋げることが出来ます。

 

ブロッコリーダイエットのやり方!

ゆでて食べる場合には、栄養の流出を防ぐためあまりゆですぎ無いように注意し少し、固めさが残る2~3分くらいの時間にとどめるのがオススメです。

栄養を流さないようにするには、蒸し器で蒸すか、レンジでチンという調理方法がおすすめです。

食べ方としては、マヨネーズをかけるのはNGです。

ポン酢やノンオイルのドレッシングがおすすめです。

 

ブロッコリーは苦手な方もたくさんいますが、栄養たっぷりで素晴らしい野菜です。

値段もお手頃なので、是非試してみて下さいね!