わが家で温泉気分!炭酸泉で疲労回復!

健康
スポンサードサーチ

今、日帰り温泉施設やスパなどで大人気の炭酸泉風呂はご存知でしょうか。

先日、炭酸泉のある日帰り温泉施設に行ってきましたが、炭酸泉風呂は人気で人があふれていました。
他のお風呂はすいていても、炭酸泉風呂はいつもいっぱいなのです。
炭酸泉のお風呂はとても気持ちがいいですが、足を伸ばせる余裕はなくゆっくり入れませんでした。

炭酸泉は疲れをとるだけでなく、いろんな効果効能があります

炭酸泉とは、別名ラムネ風呂と言われていて、入浴して少したつと体中に小さな泡が付きます。

お湯の中に溶け込んだ炭酸ガスが、皮膚に素早く浸透し、血管を広げ、血行を促進してくれる効果があります。
血行が促進されると疲れ、痛み、こりなどが軽減します。

 

その他に炭酸泉にどんな効果があるのかを以下に書きます。

高血圧や動脈硬化などを予防

血管を拡張して血液の循環を促進し、血栓や血管が詰まるのを防ぐため、動脈硬化や心筋梗塞、高血圧、脳梗塞などの発症リスクを減らすことができます。

糖尿病の改善

日本人に多いⅡ型糖尿病は、インスリンの分泌が減少することだけが問題ではなく、糖を取り込む細胞がインスリンの働きを受け入れられなくなることが原因と言われています。

免疫力を上げる

お風呂に入って体が温まると、私達の体内ではHSP(ヒートショックプロテイン)と呼ばれるたんぱく質の一種が増えます。

美肌効果

炭酸にはたんぱく質を吸着する性質があるため、古い角質や皮脂が落ちやすくなります。
また、血行が促され新陳代謝がよくなると、肌荒れや目の下のクマ、くすみなどのトラブルを防ぐことができます。

疲労回復

炭酸ガスにより血管が拡張して血行が促されると、疲労の元となる乳酸の分解が進み、疲労回復のスピードが早くなります。

抜け毛予防や育毛効果

血行が促進されることで、毛細血管の隅々にまで酸素が行き届き、抜け毛を予防し育毛を促進します。

保湿効果

炭酸泉はさら湯と比べて3倍の保湿力があると言われています。炭酸泉は人と同じ弱酸性のため肌に優しいだけではなく、さら湯よりも低い温度で体の芯から温めるため、肌表面の水分の蒸発を防ぐことができます。

リラックス効果

炭酸ガスは体内に吸収されると自律神経に作用します。中でも副交感神経に働きかけるため、通常の入浴よりも高いリラックス効果を得ることができ、ストレスの緩和や不眠症の改善に役立ちます。

 

こんなにいろいろな効果が期待できるのです。

すごいですよね。

実際に炭酸泉に入ってみると、5分くらいで、全身に小さな水疱がつきました。
ジワジワと炭酸ガスが体内に浸透していく感覚もわかりました。

炭酸泉に入った後は、湯冷めすることもなく、身体がポカポカになりました。

 

のんびりとゆっくり炭酸泉に入りたいと思った時は、家のお風呂で、入浴剤を入れて楽しんでいます。

炭酸ガスが発生する入浴剤で、有名なのはバブです。
最近は高濃度タイプのものも売っています。

全国の温泉を楽しめる入浴剤も売っていますので、家でも少しは温泉気分が味わえます。

ちなみに今日は森林の香りの入浴剤を使いました。
森林浴をしているようで、とても気持ちがよくリフレッシュできました。

疲れがたまった時は、炭酸泉のお風呂に入り温まります。
リラックス効果もあるし、疲れもとれます。

わが家で温泉気分、炭酸泉風呂おすすめです。