トウモロコシで身体の外側も内側も美ボディに変身!

ダイエット
Vector farm illustrations. Different sides of corn cob and organic vegetable, farm natural ripe corn
スポンサードサーチ

夏祭りや海の家で見かけるトウモロコシには美肌に良いビタミンB群や、腸活を支援するセルロースなど美容とダイエットに美味しい成分があります。

トウモロコシが糖質や脂質をエネルギーに変える

トウモロコシに含まれている豊富なビタミンB群は、糖質や脂質をエネルギーに変化させたり、美しい肌や髪を作る栄養素です。さらにトウモロコシに多いビタミンB6は、脂肪を身体につきにくくする嬉しい効果もあるため、ダイエット中にはトウモロコシを積極的に摂りたいものです。

トウモロコシにあるセルロースは不溶性食物繊維といって、私たちの消化酵素では分解されない性質があるのですが、腸で善玉菌を育ててくれるので、トウモロコシを食べるだけで腸内環境が整います。ダイエット中にお通じで悩まされる方には、トウモロコシは頼れるパートナーになってくれます。

セルロースは水を含んで膨らんで、胃に長くとどまる性質もあります。腹持ちが良いので満腹感が持続しますから、トウモロコシを食べるときに多めに水分を摂ると、水を含んだセルロースが糖分の吸収を抑えるため糖尿病を予防し、食べ過ぎ予防にもなります。

トウモロコシで老廃物を排除

トウモロコシは、お米や麦と並ぶ世界三大穀物のひとつです。ブラジルやメキシコ、アフリカなどで、トウモロコシは主食として親しまれています。主食の仲間ですが、カロリーは1本あたり138kcalと低く、ご飯の半分ほどですから、ダイエット中はお米の代わりにトウモロコシを活かしたいものです。

生で食べても美味しい時期は6月~8月になります。購入するときは、ふっくらとしてツヤがあり、髭もフサフサしているものがオススメです。トウモロコシは傷みやすいので、購入して3日以内に食べきれないようなら、軽く茹でてから冷凍すると1ヶ月はもちます。

そして、生のトウモロコシにある、フサフサした髭の部分は漢方薬として糖尿病や高血圧、むくみの解消に使われているのですが、黄色い粒の部分にもこの効果はあります。

トウモロコシはモリブデンやカリウムを多く含んでいます。モリブデンは体内にある酵素を助けて排泄物となる尿酸を作り、カリウムはナトリウムの排泄を促してくれるので、高血圧予防とむくみ解消、利尿作用があります。身体にある余分な老廃物を尿として排出してくれるので、セルロースの整腸作用と合わせると、トウモロコシは身体の内側もキレイにしてくれるダイエットのサポーターです。

トウモロコシが美容とダイエットに良い理由

トウモロコシにある豊富なビタミンB群は、脂質と糖質を代謝して美しい肌と髪を作り、モリブデンやカリウム、セルロースは老廃物の排泄を助けてくれます。また、トウモロコシは腹持ちが良いだけでなく、適度な甘味もあり、ダイエット中の主食にもなります。身体の中を断捨離してくれるトウモロコシは、美容とダイエットに非常に良い食品です。