食べ過ぎた分をリセットして脂肪の蓄積を防ぐ4つのコツとは?

ダイエット
スポンサードサーチ

ダイエットしていても、ついつい我慢できなくなって食べてしまう。これはおそらく誰しも経験があることではないでしょうか?

しかし、これでダイエット意欲が落ちてしまって、その後もまた、食べまくる食生活に戻ってしまうのは非常に勿体ないことです。

なぜなら、一度や二度食べ過ぎてしまっても、その後また、ダイエット食生活を再開すれば、差ほど体脂肪には影響を及ぼすことはないからです。

ただ、それにはリセットするためのコツというものがあるので、今回はそのコツについて紹介していきたいと思います。



 

食べ過ぎた分をリセットする4つのコツ

① 食べ過ぎたら翌日即リセット

食べ過ぎて体内に摂取された余分な脂肪は、時間が経てば経つほど落ちにくくなっていくので、食べ過ぎた日は翌日に即リセットすることが重要です。また、食事と合わせて運動を行えばさらに効果的です。

 

② 脂質はできるだけ控えめに

高カロリーで体脂肪に直接直結する脂質は極力控えるのが鉄則です。炒め物より蒸し物、煮物で調理油をカットし、食材もバラ肉よりヒレ肉、モモ肉を選ぶなど、できるだけ脂身をカットすることを意識しましょう。

 

③ 野菜とタンパク質はしっかり摂る

カロリーが低く、代謝に必要なビタミン・ミネラルを多く含む野菜は、食べ過ぎて摂取された余分な水分や脂肪を排出してくれる効果があるので、リセット中は積極的に摂りましょう。また、タンパク質も脂質を気にしすぎて避けてしまうのはNG。タンパク質が不足すると筋肉減少に繫がるので、適度に摂取することが必要です。

 

④ 糖質は控えめに

最も太りやすいとされる糖質。しかし糖質もエネルギー代謝を上げるための大切な栄養素であるので、抜くのはNG。あくまで普段より控えめを目標にしましょう。例えば、いつものご飯の量をお茶碗半分にしたり、お昼のランチのパンも1つ少なくして、その分サラダの量を増やすなど。

 

最後に

ダイエットで大切なの事は、何といっても継続することです。そのためには途中、我慢できなくなって多少食べてしまっても問題ありません。

大事なのはその後の食事です。食べ過ぎても、今回紹介したリセット術を身に付けておけばリバウンドを防ぐことができます。

ダイエッターの皆様は是非実践してみて下さいね。