納豆ダイエットの効果と注意点

ダイエット
スポンサードサーチ

日本人といえば、納豆と言われるほど、納豆は日本人にとってお馴染みの食品です。

もちろん、中には匂いやネバネバが苦手で納豆が嫌いな方もいますが、日本人は納豆好きの方が多数を占めています。

そんな納豆ですが、古くから美容に良いと言われてきました。

もちろん、美容効果がある納豆ですが、実は美容効果以上にダイエット効果の方が高いのです。

そのため、ダイエットをしている方は食生活の中に納豆を是非とも取り入れてみましょう。

納豆に含まれるダイエット効果

納豆にダイエット効果が高い理由として、納豆には多くのカルシウムや食物繊維などが含まれているため、血流の改善や便秘解消を促してくれます。

また、食物繊維にはコレステロール値を下げてくれる効果があり、かつ納豆の食物繊維は不溶性のため、腸内環境を整えてくれます。

他にも、納豆の特徴でもあるネバネバにもダイエットに効果的な成分が含まれています。

納豆のネバネバに含まれるナットウキナーゼには、血液をサラサラにしてくれる血栓溶解作用があります。

また、ダイエット中といえば、食事制限でカルシウムが不足しがちです。

そんなカルシウム不足を解消してくれるビタミンK2も納豆には含まれています。

また、納豆は美容効果、ダイエット効果以外にも、骨粗しょう症や脳梗塞の予防効果も兼ね備えている優れものです。

トマトでビタミンCを補う

上記で紹介したように、納豆にはダイエットや健康、美容に効果的な成分が多く含まれています。

そんな万能な納豆ですが、唯一難点があるとすれば、ビタミンCが欠けていることです。

そこで、ビタミンCを摂取するために、納豆と一緒にトマトを摂取することで、理想的な栄養バランスとなります。

トマトをそのまま食べても良いのですが、細かく刻んだトマトと納豆を混ぜ合わせて、一緒に食べてみると意外に美味な口溶けです。

トマトが苦手な方は一度試してみてはいかがでしょうか。

納豆キムチで飽き防止

毎日納豆を食べていたら、その内飽きてしまうかもしれません。

そこで、納豆とトマトのように納豆を他の食べ物と組み合わせて食べることで飽きることなく摂取することができます。

例えば、納豆とキムチの組み合わせの納豆キムチは、それぞれを混ぜ合わせてから常温で一晩置いておくことで、乳酸菌が増して免疫力を上げることにも繋がります。

栄養バランスを考えながら、納豆と何か食べ物を組み合わせることで、飽きることなく毎日納豆を摂取しやすくなります。

納豆ダイエットの注意点

納豆はダイエット効果が高い食品ですが、もちろんカロリーもあるので、食べ過ぎると太る一方です。

納豆のダイエット効果は大きいですが、納豆だけ食べていれば脂肪が燃焼されるわけではありません。

また、ダイエット効果のある納豆とはいえ、1日の食事を納豆だけしか食べないといった無理な食生活では身体を壊してしまうだけなので、栄養バランスを考えた献立を取り入れるようにしましょう。