花言葉について調べてみた!前向きな物から怖い物まで有名な物を紹介!

雑記
スポンサードサーチ

広告

⚪︎花言葉とは

植物に意味を持たせる風習は古くから世界中にあり、花言葉の起源にはさまざまな諸説がありますが、中でも最も有名なのがトルコ発祥説。
トルコでは17世紀頃「それぞれの花には神様からのメッセージが込められている」と考えられていて、自分の思いを花に託して相手に贈り、もらった人も花でお返しする「セラム」という言葉の代わりに花のラブレターを渡す習慣があったそうです。
そうしたセラムの習慣が、ヨーロッパへ伝わったのが18世紀。異国のおしゃれな文化として社交界でもてはやされるようになり、やがて19世紀前半にフランス人のシャルロット・ド・ラトゥールが270ほどの花と意味をまとめた辞典『花々の言葉(Le Langage des Fleurs)』を出版すると、ヨーロッパ中で一大ブームに。これが今に続く花言葉の原型といわれ、明治時代には日本にも花言葉が伝わりました。

⚪︎感謝の花言葉を持つ花

・ピンクのバラ

ピンクのバラが持つ花言葉は「感謝、上品、おしとやか
贈り物の定番「バラ」の花言葉は、恋愛に関するものが多いですが、ピンク色のバラはありがとうを伝えるにはピッタリ。ぜひ花としても人気があるピンクのバラで感謝を伝えてみてくださいね。

・かすみ草

かすみ草が持つ花言葉は「感謝、幸福、親切
他の花と合わせて花束に入っている、可愛くて小さい人気の花です。感謝の意味が無い花と合わせて花束にしてみてはいかがでしょうか。

・カンパニュラ

カンパニュラが持つ花言葉は「感謝、切実、節操
ベル型の花がかわいらしい夏の花です。その見た目から「釣鐘草」「風鈴草」という別名をもっています。凛とした咲き姿をしていることから、長く花を楽しむために「鉢植えのカンパニュラ」をプレゼントするのもおすすめです。

⚪︎恋愛の花言葉を持つ花

・バラ

バラが持つ花言葉は「あなたを愛しています、愛情、熱烈な恋、私を射止めて
バラは色によって花言葉が違いますが、やはり恋愛にはこの赤いバラのストレートな花言葉が一番素敵ですね。バラはギリシャ神話において愛と美と性の神ヴィーナスの誕生を歓迎して大地が生み出した花がバラだと言われ、ほかにも美や愛の象徴としてたくさん登場する花です。

・ヒマワリ

ヒマワリが持つ花言葉は「あなただけを見つめている、愛慕
ギリシャ神話に出てくる、太陽神アポロンに片思いをしていた水の精クリュティエがヒマワリに姿を変えてしまったというエピソードから「あなただけを見つめている」という花言葉が付けられました。
また、花が太陽の方を追うようにむきを変える姿が、相手に恋焦がれているという想像をさせてくれます。

⚪︎希望の花言葉を持つ花

・デイジー

デイジーが持つ花言葉は「純粋、希望、美人、平和
太陽に向かって真っ白な花を咲かせるデイジー。その姿から、前向きな花言葉をいくつも持っており、結婚式のブーケにもよく用いられます。丈夫で、長く花を楽しめることから、ちょっとした鉢植えをプレゼントするのもすてきですね。

・スイートピー

スイートピーが持つ花言葉は「ほのかな喜び、門出
蝶のような花姿から、「門出」という花言葉を持つようになったスイートピー。ひらひらとしたピンクや白の花は、春の花束には欠かせない存在の1つとなっています。切り花の寿命も長いことから、長く花を飾って楽しめるのも魅力です。特に卒業や卒園を迎える方へのプレゼントにおすすめです。

花言葉と聞くと愛や感謝など素敵なものが多いイメージですよね。しかし、花言葉には怖い花言葉も存在します。中には意外な花にも怖い花言葉がついていたりします。今回は、そんな怖い花言葉をもつ花を少し紹介したいと思います。

⚪︎怖い花言葉を持つ花

・クロユリ

クロユリが持つ花言葉は「呪い、復讐
黒百合といえばホラー映画の作品名に用いられたりしていますね。不吉で怖い印象がある花。
花を見ると赤黒い色をしているので、血を連想して怖く感じるのではないでしょうか。なぜ、こんな花言葉になったというと実際にある男女の復讐にまつわる伝説が由来のようです。

・マリーゴールド

マリーゴールドが持つ花言葉は「悲しみ、嫉妬、絶望

この花言葉を全部足すとすごく怖い花言葉になりますね。
嫉妬して絶望、そして悲しみに嘆く、一体何が起きたのだろうと思うくらいネガティブな花言葉になります。マリーゴールドの花言葉には怖い意味を持つ花言葉もありますが、良い花言葉も存在します。
良い意味の花言葉で「勇者」「可憐な愛情」を持っています。

まとめ

ひとつの花には複数の花言葉があります。良い意味の花言葉を持っていたり、悪い意味の花言葉を持っていたりとさまざまです。花をもらった際にはその花がどんな花言葉を持っているのかを調べてみるのもいいですね。大切な人や、お祝いなど誰かにプレゼントする際には気をつけたいところですね。ぜひ、花言葉も参考にして素敵な花をプレゼントしてくださいね。