あなたは占いを信じますか?色々な占いの方法について調べてみた

雑記
スポンサードサーチ

広告

⚪︎占いとは

様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいいます。卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいいます。多くの場合は、所定の術や道具を使用します。

⚪︎占いの種類

占いには大きく分けて3種類あります。
〝命(めい)〟〝ト(ぼく)〟〝相(そう)〟の3つに分類することができます。この3つの代表的な占術の特徴について簡単にご紹介します。

・命(めい)

〝命〟は、「宿命」や「運命」などを読み解く占術を指します。生年月日や出生時刻、出生地といった変わることがない情報をもとに、その人が本来持っている性質や人生の流れ、運命などを占います。
自分の生まれ持った性質や運命を知りたいときに利用するといいですね。

▷占星術

占星術は、太陽系内にある太陽・月・惑星・小惑星の天体の配列や動きが、社会や人々に影響を与えているという考え方がもとになった占術です。
西洋占星術では、生年月日・出生時刻・出生地などの情報をもとに、「ホロスコープ」と呼ばれる星の配置図を作成し、運命を読み解いていきます。
一般的に親しまれている12星座占いは、西洋占星術を簡略した占いです。生まれ持った本来の性格や才能、恋愛傾向、人生の流れ、気になる相手との相性を読むのに適しています

▷四柱推命

四柱推命は、中国で春秋戦国時代ごろに生まれた陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)を起源とする統計学です。四柱推命として確立されたのは1500年ほど前で、当時は「帝王の運命学」とも呼ばれ、政治や戦争などの吉凶の判断材料としても使われていました。
生まれた年・月・日・時間の4つを柱に見立て、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種から成る陰陽五行による十干(じっかん)と「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種から成る十二支(じゅうにし)などを組み合わせて占います。本質的な性格や才能をはじめ、運勢のバイオリズム、健康や体質などの傾向も見ることができます。長年にわたって蓄積されてきた多くの統計に基づいて読み解いていくため、的中率が高いといわれています。

・ト(ぼく)

〝ト〟は聞きなれない言葉ですが、古代中国で行われていた亀の甲羅の亀裂から吉兆を読み取る「亀甲占い」を語源に持ちます。
偶然ともとれる事象の中にも必然性や意味があるととらえ、答えを導き出していく占術です。刻々と変化をしていく人の心や状況、物事を占うのに適しています。「ト(ぼく)」に分類される占術は、インスピレーションを働かせながら解釈をしていくため、占い師の力量が大きく問われます。

▷タロット占い

タロット占いは、異なる絵柄がついた大アルカナと呼ばれる22枚のカードと小アルカナと呼ばれる56枚のカード、計78枚のカードを使う占術です。
基本的にはカードを裏向きでシャッフルし、さまざまな方法と手順で展開をして、出た絵柄や配置から過去や未来などを読み解いていきます。一見すると偶然出てきたカードのようにも感じられますが、占術中に出たすべてのカードは相談者に対して何らかの意味を持つと考えられています。
現在の自分を取り巻く状況や気になる相手の気持ちのほか、最近あった出来事や未来を占うのに適しています。またAという選択をした場合とBという選択をした場合の未来の暗示も受け取れるので、決断することへの迷いがあるときはタロット占いがおすすめです。

▷水晶占い

水晶占いは、水晶玉やガラス玉、水などを見つめて、その中に映し出された視覚的な映像やビジョンから暗示を読み取っていく占術です。
水晶占いの歴史は古く、ヨーロッパでは16世紀ごろから、日本では奈良時代から行われているといわれています。
水晶玉に遠距離の映像や過去・未来の映像、気になる人の心の中などを映し出したり、物理的に何らかの記号や絵を映し出したりしながら、相談者の状況や未来を占っていきます。高度な霊感や特殊な能力が必要な占術で、術者のインスピレーションやリーディング能力によって的中率が大きく左右される占いです。

・相(そう)

〝相〟は目に見える姿や形といった情報から、吉凶を読み取る占術です。わかりやすい代表的な占術としては、「手相占い」や「人相占い」でしょう。手に刻まれたシワやカタチ、顔のパーツには、その人の本質が「相(そう)」となって現れてくるという考え方がもとになっています。
「命(めい)」のように統計学的な要素と「ト(ぼく)」のような現在の状況から未来を導き出すという要素を合わせ持った占術です。

▷姓名判断

姓名判断は、姓名で使う文字の画数、五行のバランス、音などから、運勢を読み取っていく占術です。
赤ちゃんの名付け、ペンネームや芸名などを決めるときに、姓名判断はよく使われます。
画数から運勢を見る場合は、名前を「天格・人格・地格・外格・総格」の5つに分けた五格から人生の流れ・適職・結婚運などを読み取っていきます。
ただし300もの流派が存在するといわれ、旧字体で読み解く流派や、新字体を使う流派など、画数の数え方は流派によって違います。
ある流派でいい運勢だという結果が出ても、ある流派ではイマイチだという結果になる場合もあります。

▷手相占い

手相占いは、手のひらに刻まれた筋やシワ、肉付きから、性格や運勢を占っていきます。
占者や流派によっては、手のひらに加え、手の形や指の長さ、爪の形などから見ていく場合もあります。
性格や運勢のほかにも、才能や金運、結婚運、健康運などが読み取れるといいます。
理想とする未来に近づくために、ペンで手のひらに筋を加えたり、ホクロを加えたりといった開運方法も人気です。手相は、年齢や生き方によって常に変わっていくといわれているので、定期的に見てもらうと運勢の変化がわかって面白いかもしれません。

気になる占いはありましたか?この他にもたくさんの占いがあるので、その時々の占いたい内容によって占い方を変えるとおもしろいかもしれませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

びっくりするほど当たる!手相占い [ 宮沢みち ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/5/23時点)