夜だけ糖質抜きダイエット!お酒もお肉もOKで無理なく簡単!

ダイエット
スポンサードサーチ

今回紹介するのは「夜だけ糖質抜きダイエット」。その名の通り、夜だけ糖質を抜くというダイエット法ですが、通常の糖質抜きダイエットに比べると、夜以外はいつも通りの食事ができるので、辛さが少なく、継続しやすいのが最大のメリットです。

今回はそんな「夜だけ糖質抜きダイエット」について詳しくご紹介していきます。



 

広告

夜だけ糖質抜きダイエットがおすすめの理由とは?

一時期話題になった「糖質制限ダイエット」。始めて1~2ヶ月で10kg以上の減量が望めるなど、その減量効果の凄さに実践する人が続出しました。

また、あのトレーニングジム「RIZAP」も、トレーニングと合わせて糖質抜きメニューの食事を組み込んでおり、短期間の間に次々と減量成功者を排出しています。これらの結果をみても分かる通り、糖質抜きダイエットは抜群の減量効果を発揮します。

しかし、その一方で体のエネルギー源である糖質を抜くことで、異常なまでの食欲増加、頭が働かない、イライラが募るなどの症状が出やすくなり、リバウンドする確率も高いとされています。

無理しすぎると体調を害したり、その反動でリバウンドの確率を高めてしまう糖質制限ダイエット。しかし、これらを打破してくれるのが「夜だけ糖質抜きダイエット」です。

 

夜だけ糖質抜きダイエットの場合、夜以外の2食は通常通り糖質を含む食事を摂ることができ、夜の食事もお酒やお肉はOKなので、物足りなさがなく継続しやすいのがメリットです。

通常の徹底した糖質制限ダイエットに比べると、体重の減りはだいぶ緩やかになってしまいますが、ダイエットは無理なく続けられることが何より大切。

無理のないダイエットはリバウンド率が低く、体への負担も軽減されるため、ダイエットが長続きしない人に特におすすめの方法です。



 

夜だけ糖質抜きダイエットのやり方!成功ポイントは3つ!

夜のみを糖質抜きすれば良いから楽勝!・・・と思いつつも夜こそ炭水化物をガッツリ食べたいし、仕事で疲れた後に飲む1杯が何より楽しみという人は多いことでしょう。しかしお酒は基本、糖質が高いので摂取するのはNG。

そこでこれらの問題を解決するために実践したいのが以下の3つの決まり事。夜だけ糖質抜きダイエットを成功させるための重要ポイントです。

 

①ビール類は糖質ゼロ系のものを選ぶ

どうしてもお酒が飲みたい時は糖質ゼロ系発泡酒がおすすめ。無糖ながら発泡酒のうま味を味わえるので、ダイエット中には最適。

糖質ゼロ系発泡酒には様々な種類があり、自分好みの味を選ぶことができます。その日の気分によって種類を替えれば飽きにくいですし、自分好みのものに出会えれば、これまで同様晩酌タイムを楽しむことができます。

 

②タンパク質とたっぷりの野菜を摂る

上記で紹介した糖質ゼロ系発泡酒はダイエット中には最適ではありますが、やはり人工甘味感が強すぎたり、味気無さを感じてしまうものもあり、どうしても本来のものよりは劣ってしまうのがネックです。

しかし、そこは一緒に摂る食事でカバーしていくのがポイント。食事の方も炭水化物が食べられないので味気ない部分はありますが、その分野菜や肉・魚などのタンパク質中心のメニューで補っていきます。

野菜はたっぷり食べても低カロリーですし、タンパク質である肉や魚は血糖値を緩やかに保ってくれるため、腹持ちが良く、炭水化物を食べなくても満足感を得ることができます。

 

③よく噛んで味わって食べる

ただし、いくら糖質を抜くといっても、ダイエット中なので食べ過ぎは禁物。従って夜だけ糖質抜きダイエットの食事のカロリーはおおよそ500kcal以内くらいにおさめるのがポイントです。

お酒も飲むのであれば、食事量もカロリーを超えないように考慮しなければならないので、全体的にやはり量は少なめになります。

これでは足りるか不安になるところですが、そこは、よく噛んで食べることで解決できます。

私達は脳に満腹中枢という神経が備わっており、食べ始めてから20分以上経つことで満腹中枢が刺激され、満腹感を得られる仕組みになっています。

すなわち、よく噛んでゆっくり食べることで、少ない食事量でも満腹感を得ることができるというわけです。

しかも実践するのは夜のみですから、これなら炭水化物が大好きという人でも、なんとか続けていけそうですね。

 

最後に

ダイエットをしようと思って、いきなり過酷な糖質制限を行うのは失敗のもと。まずは夜だけ糖質抜きダイエットを実践して、無理のない糖質オフ生活を楽しんでいきましょう。