ガムを噛んでダイエット効果をアップさせよう!

ダイエット
スポンサードサーチ

ガムを噛むということは、「噛む」という運動を続けてすることになるため、脳内にセロトニンが分泌されます。

このセロトニンには空腹感を抑える働きがあるため、無理なく食事を控えることができます。

ガムを噛んで集中力アップ

ガムを噛んでいると集中力がアップするのですが、これは「噛む」動きをすることで脳内にセロトニンが分泌されて、自律神経の働きが良くなるためです。

セロトニンには集中力を高くするだけでなく、それにプラスして食欲を抑えてリラックスする働きもあります。ダイエット中の「食べたい気持ち」を抑えるのに有効なセロトニンをガムを噛んで促すことで、食事を控えることが容易にできます。

ガムを噛んでドライマウス予防

ダイエットで食事を減らしてしまうと口の中が渇きやすいのですが、「ガムを噛む」ことで自律神経の働きが向上するので、口の中を潤すことができます。

緊張やストレスなどで自律神経が弱っていると、口の中は渇きやすいです。自律神経が弱ってしまうことはダイエットにもマイナスですし、口の中が渇いてしまうドライマウスになると口臭も気になってしまいます。

ガムを噛むことで自律神経の働きを整え、ドライマウスを予防することで息をスッキリさせましょう。

ガムを噛んで糖分を消費

しっかり噛んで食事をすると良い理由は、肝臓に溜まっている糖分が血液に出てきて消費されやすい状態になるためです。しかし、ダイエット中は食事を控えてしまうため、噛む運動をすることは少なくなってしまいます。

ガムを噛むようにするだけで身体の中に溜まっている糖分を消費されやすい状態に変えることができるので、ガムはダイエット中にとても良いアイテムと言えます。

まとめ

ガムを噛むことでセロトニンの分泌が促されてリラックス状態になり、食事を控えていても空腹感がなくなります。また、ガムを噛んでいると自律神経の働きが良くなり、ドライマウスの予防にもなります。

ダイエット中に「噛む」という運動を続けることは難しいですけれど、ガムがあれば隙間時間を活用して自律神経を整え、セロトニンを促すことができます。さらに、身体に溜まっている糖分を消費しやすくなります。