脱毛は本当に痛くないのか?!脱毛の種類について調べてみた

美容
スポンサードサーチ
広告

⚪︎脱毛とは

脱毛とは、体毛を意図的に除去することで、美容あるいは身だしなみの観点から行われます。ワックス脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛など各種の方法があります。かつては女性による脱毛が主流でしたが、近頃では男性が行うことも多くなってきています。

⚪︎脱毛の種類

・ニードル脱毛

細い針を毛穴の一つひとつに差し込み、差し込んだ針に弱い電気、または、高周波を流すことによって毛根部を破壊し、毛の再生を妨害する方法です。使用される針は金属アレルギーを防ぐため、現在はチタンやゴールドで加工されています。 海外では100年以上前から実施されてきた、歴史のある脱毛方法です。

・ワックス脱毛

主にエステや自己処理などで行われている脱毛方法で、脱毛専用のワックスを皮膚に塗布し、毛根から抜き取る脱毛法です。
一時的に脱毛が必要な方が、低価格で、手軽に行える脱毛法です。

・光脱毛 (フラッシュ脱毛・IPL脱毛・プラズマ脱毛)

黒色に反応する光線で毛球や毛乳頭を処理する方法です。キセノンフラッシュ光線(キセノンガスの放電による光エネルギー)と、特殊偏光フィルムによって、一瞬だけ発光させて、毛根にアプローチします。レーザー機によるムダ毛処理法と原理は同じですが、レーザー光線よりも波長が長く、複合波長光線において、多様な毛質、毛根の深さに反応し、光線が脱毛処理部の毛根にきちんと届くよう設計されたマシンを使用します。

・医療レーザー脱毛

療用脱毛レーザーを照射する脱毛法です。レーザーが黒っぽい色に反応する特徴を利用します。
黒い色素に(メラニン)に当たったレーザーが、熱で毛を破壊します。その熱によって毛根の周りの細胞が損傷することで、毛の再生を抑制させるものです。 レーザーは一度に何本もの毛を処理することが出来るため、電気脱毛などに比べ、スピーディに処理することができます。

⚪︎医療脱毛とエステ脱毛の違い

エステ脱毛は、エステサロンでエステティシャンが施術を行う光脱毛のことで、医療脱毛は、医療機関で医師が施術を行うレーザー脱毛のことを呼びます。

・医療脱毛

ニードルや医療用レーザーを使った脱毛が一般的ですが、照射パワーが強いため、強い痛みが伴います。その分、脱毛効果が高く、毛を作る組織を早期に破壊できるので、早ければ5〜6回の施術で毛が生えてこなくなります。ただし、肌への負担が大きく、費用もわりと高額です。
また、毛が完全に生えてこなくなる「永久脱毛」は医療行為と位置づけられているため、「永久脱毛」と謳えるのはクリニックのみになります。医師免許を持った医師による医療行為なので高い出力で照射でき、毛を作る細胞や毛乳頭を破壊します。

・エステ脱毛

光(フラッシュ)やIPLが主流ですが、いずれも照射パワーが医療より穏やかなので、痛みは医療脱毛程ではありませんが、輪ゴムで弾かれたようなパチンとする痛みはあります。最近ではラココのSHR方式のように痛みを伴わないものも。美容行為としての施術なので、だんだんと毛が細くなって目立たなくなります。肌への負担が少ないですが、一般的には12〜18回は通う必要があります。費用は医療脱毛よりも比較的リーズナブルです。家庭用の美容脱毛機もこの分類に入ります。

▷医療脱毛=効果は高いが料金も高い
▷エステ脱毛=効果は劣るが料金が安い

⚪︎脱毛にかかる期間

・脱毛完了までの照射回数の目安

照射回数 かかる年月
医療脱毛にかかる期間は約8ヶ月〜2年、照射回数は約5〜8回になります。
それに比べてエステ脱毛にかかる期間は約3年〜4年半、照射回数は12~18回になります。
エステ脱毛は、医療脱毛と比べると、照射回数・期間が2~3倍ほど多くかかります。脱毛効果には個人差があり、毛量が多い人、毛が濃い人は、目安よりも照射回数が多く必要になります。
医療脱毛では多くの人が5~6回の照射で満足できますが、追加照射をしたり8回コースでツルツルをめざす人も少なくありません。エステ脱毛では12回、18回通っても効果が得られず、医療脱毛に乗り換える人も増えてきています。
また、部位によっても効果の出方が変わってきます。効果が出やすいのは、ワキやヒザ下などのしっかりした毛です。効果が出にくいのは、顔や背中などの産毛、デリケートゾーンのため出力を下げて照射することもあるVIOなどです。そのため、毛量が多い・毛が濃い人、効果が出にくい部位を脱毛したい人、少ない照射回数でツルツルまで目指したい人は、医療脱毛がおすすめです。

⚪︎医療脱毛が向いている人

・短期間、少ない照射回数で脱毛を完了したい人
・毛量が多いけど、ツルツルをめざしたい人
・VIO脱毛をしたい人

⚪︎エステ脱毛が向いている人

・時間がかかってもいいから、できるだけ安くワキ脱毛、全身脱毛をしたい人
・元々毛が少ない人、自己処理がラクになる程度でいい人
・できるだけ痛みが少ない脱毛がしたい人

脱毛を考えている方はぜひ参考にしてみてください。