シーズン到来!!国民の25%が毎年悩まされる花粉症について!

健康
スポンサードサーチ
広告

⚪︎花粉症とは

植物の花粉が原因で生じる季節性アレルギー性疾患の総称です。鼻の粘膜や目の結膜を刺激することによってアレルギー反応が起こり、鼻水や涙が止まらなくなる疾患。基本的には、原因となる花粉が飛ぶ時期にだけ症状が現れますが、中には複数の抗原(アレルギーの原因となる物質)に対するアレルギーを持っており、1年中症状に悩む人もいます。現在、日本には抗原となる花粉が約50種類あるといわれています。患者数は年々増加傾向で、国民のおよそ25%が花粉症にかかっていると推測されています。

⚪︎原因

花粉症の原因となる植物は、スギやヒノキ、イネ、ヨモギ、カモガヤ、ブタクサ、シラカンバなどです。日本はスギ林が多く、スギ花粉症の占める割合が最大です。花粉は植物の種類によって飛散時期が異なります。スギの場合は1月以降、ヒノキの場合は3月以降、イネの場合は5~6月にかけて流行がみられます。
また、気象条件によって飛散時期や飛散量に変動があります。地域差もあり、関東・東海ではスギ花粉症が多く、九州ではヒノキ花粉症が多い傾向にあります。花粉は鼻や目から体に取り込まれると免疫機構によって異物として認識され、IgE抗体が作り出されます。IgE抗体は体のなかで、アレルギーに関わる肥満細胞にくっつきます。その状態で再度花粉が侵入すると、IgE抗体が花粉を抗原として捕らえ、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンといった物質が放出されます。これらの物質が神経や血管を刺激することで、花粉症を発症します。

⚪︎症状

・鼻水

風邪などによっておこるやや粘性が高く黄・黄緑がかった鼻水とは違い、花粉症の鼻水は「水のような」粘り気がなくサラサラした透明のものが止まらずに出てきます。

・鼻づまり

鼻粘膜が腫れて鼻からのどへの通り道が狭くなることによって、鼻づまりがおこります。
口で呼吸をしがちになりますので、口の渇き、咳といった症状がでたり、においを感じにくいため食べ物の味が分かりづらくなったりします。

・くしゃみ

「くしゃみ」は、鼻の粘膜についた花粉を取り除こうとして起こる症状です。
花粉症のくしゃみは、風邪やインフルエンザの際のくしゃみより回数も多く、ほとんどの花粉症の人が悩まされる症状です。

その他にも症状が重い方は、皮膚のかゆみ、頭痛、倦怠感や寝つきにくいといった症状が伴うこともあります。

⚪︎花粉の種類

・スギ花粉

スギ花粉の飛散時期は2-4月。飛散量が多く、日本で最も多い花粉症の原因。飛散距離が長く、ごくわずかな飛散量の北海道・沖縄を除き、全国で発症。鼻アレルギーのほか、目、のど、皮膚の症状も。

・ヒノキ花粉

ヒノキ科花粉を代表とするヒノキ花粉の飛散時期はスギより少し遅れて、3-5月。スギと同じく飛散距離が長く、広範囲で発症。スギ花粉症と合わせてヒノキ花粉症を持っている人も多く、その場合は重症化しやすいです。症状もスギ花粉症と同様。

・シラカンバ花粉

シラカンバの花粉の飛散時期は4~6月。北海道での花粉症の主な原因で、患者数も年々増加傾向に。主な症状は、鼻水、目のかゆみ、くしゃみなど。りんごなどを食べると口内がかゆくなる「口腔アレルギー」を引き起こすことがあります。

・イネ花粉

飛散時期のピークは5~6月。飛散距離は100メートルほどと短いが、稲刈りの時、イネについた花粉が舞い上がることもあるので、秋も注意が必要。鼻や目に症状が起きるほか、小麦の食物アレルギーを発症しやすくなることも。

・ブタクサ花粉

ブタクサ花粉の飛散時期は8-10月。日本ではスギ、ヒノキに次いで多い花粉症。背が低い草花で、飛散距離が短いため、近づかなければ避けられるが、特に早朝の風の強い時間帯は集中して飛散するため、散歩やジョギングは注意が必要。鼻、目の症状のほか、喘息の原因にも。

・ヨモギ花粉

ヨモギの花粉飛散時期は8~10月。繁殖力が強く、雑草の生い茂る河川敷、空き地などに群生していることが多いので、散歩などで近くを通るときは注意が必要。鼻水・鼻づまりや目のかゆみなどが主な症状。

・カナムグラ花粉

カナムグラは雌雄異株であるが、雄株の花粉飛散時期は8~10月。飛散距離は数十メートルと短く、花粉の量も少なめだが、道端など身近に生息していることが多い。鼻や目に症状が出るほか、メロン、スイカなどで「口腔アレルギー」を起こすことがあります。

⚪︎治療方法

症状の傾向によって使う治療薬が異なります。くしゃみと鼻水がひどい症状の場合には抗ヒスタミン薬、鼻詰まりがひどい症状の場合にはロイコトリエン拮抗薬、いずれもひどい場合にはステロイド剤などを主に使用します。ただし、これらはすべて対症療法です。根本的な治療としては、抗原から抽出したエキスを体内に取り入れて、体を徐々に抗原に慣れさせていく「減感作(げんかんさ)療法」があり、皮下注射、および舌の下に薬剤を置いて吸収させる舌下免疫療法があります。また、花粉が飛び始める2週間程度前から薬による治療を始める「初期療法」によって、症状が出るのを遅らせたり、症状を軽くしたりできる可能性があります。

⚪︎重症度

花粉症の重症度は、鼻水をかむ回数とやくしゃみが生じる回数、鼻づまりは口呼吸の回数で診断されます。鼻水とくしゃみは密接に関わるのでまとめて「鼻水・くしゃみ型」、鼻づまりが他の症状より強いと「鼻づまり型」、3つの症状が同様に強いと「充全型」と分類します。花粉症は重症でも生命に関わることはありませんが、花粉症と食物アレルギーが合わさった口腔アレルギー症候群ではアナフィラキシー反応が生じる場合があり、医師の正確な診断・治療が必要となります。