シナシナになったレタス、捨てないで活用する

料理
スポンサードサーチ

野菜の美味しい季節になりました。
春野菜も続々と店頭に並び始めました。

わが家では、サラダとして毎日食べているのがレタスです。

シャキシャキとした食感のサラダが好きです。

ところで、レタスは時間を置くとシナシナになってしまいます。
シナシナになってしまったレタスを捨てるのはもったいないとずっと思っていたのですが、最近は捨てないで活用しています。

シナシナになったレタスは、炒めたり、スープにしてしまいます。

その中でもよく作るのがレタスチャーハンです。
レタスと卵ってすごく合うんですよね。
カニかまを入れたらとてもボリュームのあるチャーハンができました。

シナシナになったレタスでも、レタスのシャキシャキ感が生き返りとても美味しくなります。

レタスの外葉、一番外の固い葉も、シナシナになったレタスも捨てないで活用できます。
食費の節約になります。

私がよく作るレタスの参考レシピです。

レタスととまとのスープ

野菜が苦手なお子さんでも、思わず食べてしまう美味しいとまとのスープです。
簡単なのに、栄養もあるので、よく作ります。

レタスととまとのスープ。
春のやわらかなレタスを使った簡単スープです。

レタスとかにかまの焦がし醤油バターチャーハン

かにかまとレタスだけで、とてもボリュームのあるチャーハンができます。
お弁当にもおすすめです。
冷めても美味しいのでお弁当におすすめです。

レタスとカニかまの焦がし醤油バターチャーハン
カニかまやレタスがたっぷり入ったボリュームチャーハン。 お弁当を作るのが面倒な時でもたっぷり具材とご飯でさっと炒めれば、お腹も満足なスピードチャーハン弁当のできあがり。 時間がない時のお弁当作りにおすすめです。

レタスとツナのスープパスタ
レタスはパスタにもあいます。
コンソメで作るスープパスタですが、美味しくてペロリと食べてしまいます。

フライパンひとつで楽々♪レタスとツナのスープパスタ

以上レタスのレシピを三品でした。

見切り野菜のコーナーでちょっと傷んだレタスも活用できます。

ちょっとした節約も、積み重ねれば大きくなりますよね。

みなさんも節約レシピ試してみて下さいね!