ダイエット中の太りにくいお酒の飲み方!ポイントは2つ!

ダイエット
スポンサードサーチ

ダイエットをしているからお酒は禁止・・・。こんな風に決意しても、実際はお仕事や友人との付き合いで、どうしても飲みの誘いを断れないこともありますよね。

お酒には糖分が多く含まれており、一緒に食べるメニューも高カロリーなものばかりなので、ダイエット中はできれば控えたいもの。

しかし実は、お酒は少し工夫すれば、太りにくくなる飲み方があります。この飲み方を知っていれば、ダイエット中であっても心置きなくお酒を飲むことができ、誘いを断ってお付き合いにヒビが入る心配もありません。

痩せたいと思っても、お酒が大好きで止められないという人や、飲みに行く機会が多くて断り切れないという人などに是非おすすめしたいテクニックです。



 

ダイエット中の太りにくいお酒の飲み方①低GIメニューをオーダーする

飲みの席に選ぶならやっぱりメニュー豊富でワイワイ盛り上がれる居酒屋が代表的ですが、ついつい飲み過ぎて、翌日の体重が大変なことになってしまうという人も多いことでしょう。

しかし実はお酒を飲んで太るのは、お酒と一緒に食べるおつまみに原因があることがほとんど。お酒自体もビールや日本酒などは糖質が高いので確かに肥満のもとではありますが、飲み過ぎなければ差ほど悪影響はありません。

ところが、お酒と一緒にガッツリ食べるおつまみによって、一気にカロリー過多となり、太りやすくなってしまうのです。

ですから、お酒で太らないようにするためには、まずはおつまみメニューに注意する必要があります。

そこで実践したいのが、オーダーするメニューを「低GI食品」に絞るということ。GIとは糖質を含む食品を食べた時の血糖値の上がり具合を示す指標のことで、低GI食品は血糖値の上がりが緩やかな食品のことを指します。

お酒と一緒に食べるおつまみは何だか太りやすそうなイメージがありますが、低GI食品に絞って食べれば、血糖値の上昇が緩やかになるので、脂肪の蓄積を軽減できます。

実は居酒屋にはこの低GIメニューが豊富にあり、主に以下のものが該当します。

・野菜サラダ  ・枝豆       ・串揚げ

・冷奴     ・そら豆      ・魚介類の天ぷら

・湯豆腐    ・酢の物      ・モツ煮込み

・各種鍋物   ・焼き鳥(モツ焼き)・オクラやなめこを使った料理

・刺身(焼き魚)・串焼き      ・お浸し

 

逆に控えたいのは高GI食品。主に以下のものが該当します。

・ポテトサラダ

・フライドポテト

・イモやカボチャの天ぷら

・お好み焼き

・焼きそば

・焼きうどん

・そうめん

・そば

・雑炊

・お茶漬け

・おにぎり

 

ダイエット中なら血糖値の上昇しやすいイモ類、麺類、ご飯ものは避けるのがベスト。また、ついつい締めに食べたくなるうどんや雑炊も、一見ヘルシーに見えそうなお茶漬けも高GI食品に入るので注意が必要です。

しかし、これらのメニューさえ避ければ、後はほとんどが低GI食品。血糖値を気にすることなく食べられます。

 

ダイエット中の太りにくいお酒の飲み方②オーダーする順番を工夫する

太りにくい低GI食品が把握できたら、もうワンランク上のテクニック。それが「オーダーする順番を工夫する」ということ。

一口に低GI食品といっても、それぞれGI値は異なります。よりダイエット効果を得たいなら、低GI食品の中でもさらにGI値が低いものから順番に食べていくことが重要です。

具体的なオーダー例を挙げてみましょう。

 

1.最初のオーダーは野菜や大豆食品を中心に

居酒屋に入ったらまずは、肉類・魚類などのガッツリ系をオーダーしたくなるものですが、そこはぐっと我慢して食物繊維の多い海藻サラダや枝豆、冷奴、酢の物などの野菜や大豆食品中心のメニューをオーダーしましょう。

野菜は血糖値の上がりが最も緩やかな食品。特に空腹時は血糖値が低い状態ですから、血糖値の上昇をより軽減させるには、最初に口にするものは超低GI食品がベスト。

こうすることで、血糖値の上昇が緩やかになり、その後口にするおつまみでも急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

2.追加オーダーで肉・魚のタンパク質を

野菜である程度空腹がおさまったら、いよいよお腹に溜まるおかず類のオーダー。刺身、焼き魚、焼き鳥(塩)、ステーキ、唐揚げ、魚介類、鍋料理などをガッツリ食べて満腹感をアップさせましょう。

3.締めは炭水化物を避けてヘルシーに

締めに食べたくなるラーメン、うどん、お茶漬け、おにぎりなどの炭水化物系。しかしここで炭水化物を摂取してしまうと、せっかく緩やかだった血糖値が急上昇。

今までの努力が全て無駄になってしまうので、締めの炭水化物は避けて、具だくさんの野菜スープや味噌汁、チゲ、キムチ、漬物などをチョイスしましょう。

こうすることで、最後まで血糖値が上昇することなくお酒を飲み終えることができます。

 

 

以上がよりダイエット効果を得るためのオーダー例です。食べる順番を替えるだけで血糖値の数値を大幅に抑えることができます。

これらの食べ順テクニックを身に付けておけば、メタボに悩まされることなくお酒と上手に付き合っていくことができるでしょう。

 

最後に

いかがでしたか?ダイエット中であってもメニュー選びや食べる順番を工夫すれば、無理にお酒を我慢する必要はありません。

お酒を飲んでみんなでワイワイ騒ぐのも、ストレス発散法の一つ。ただひたすら我慢するダイエット法ではなく、こういったテクニックを身に付けて、大変さの中にも楽しさを見つけながら行っていくことがダイエットを継続させるコツですよ。