足の組み方が下半身太りに影響している!?

ダイエット
スポンサードサーチ

日頃何気なく行っている足を組むという行為が骨盤の歪みに影響を与えていることをご存じでしょうか。

また、ダイエットを行っている方にとっては骨盤の歪みは大敵です。

足を組むのはダイエットに悪影響

立ちっぱなしや座りっぱなしでいるなど、長時間同じ姿勢で過ごすのはかなり身体に負担がかかります。

そのため、身体がきついなと感じたら姿勢を変える方が多いと思います。

また、立ちっぱなしでいなければいけないときは、片足に重心をかけたり、座りっぱなしでいなければいけないときは、足を組んだりする方が多いのではないでしょうか。

その際、自分の骨盤への負担を考慮したことはありますか?

何気なく足を組んでいても、それが積み重なることで身体に悪い癖が付いてしまい、身体に負担をかけてしまっています。

特にダイエット中の方は要注意です。

骨盤が歪むことで、ダイエットに悪影響を与えてしまい、老後の健康にも悪影響を与えてしまいます。

そのため、ダイエットをしている方もそうじゃない方も、足を組むなどして骨盤の歪みを生み出さないようにする必要があります。

とはいえ、人は日常生活で立ったり座ったりして下半身を動かすことで、骨盤に負担がかかるため、そこで足を組むなどの行為を行うことで負担を調整しようとします。

というのも、ずっと同じ姿勢で座りっぱなしでいると身体に負担をかけるので、足を組んだりして姿勢を変えることで身体への負担を軽減することができます。

しかし、足を組むことが癖になって、毎日何度も足を組んでいては、逆に骨盤に負担をかけることになります。

足を組むことが癖になっていると、無意識に足を組んでしまい、片足に癖がつくので片側の骨盤だけに負担をかけてしまいがちです。

そのため、何度も同じ足の組み方をすることで骨盤がずれて歪みが生じます。

骨盤のずれをなくす方法

それでは、どうしたら骨盤をずれないようにすることができるかと言うと、毎回同じ足の組み方をするのではなく、意識して逆の足で組み替えるようにすることです。

これまでは、無意識に同じ足の組み方をしていたのを、意識して一定間隔で逆の足でも足を組むようにすることで、両側の骨盤に同じように負担をかけることで、骨盤がずれないようにすることができます。

また、立ちっぱなしでいる際についつい片足に重心をかけてしまう方も多いと思いますが、その際も一定間隔で逆の足にも重心をかけるか、足をクロスさせて負担を分散させるようにしてみましょう。

骨盤の歪みを解消してダイエット効果を促進させよう

ダイエットをされている方は、日頃の食生活や運動といったことだけではなく、骨盤も意識するようにしてみましょう。

特に、下半身太りを改善したい方は食生活や運動だけではなく、下半身を意識した生活をしなければせっかくダイエットをしても効果が出にくいです。

ダイエットの目的は体重を減らすだけではなく、理想の体型にすることではないでしょうか。

であれば、ただ体重を減らすのではなく、身体への負担についてもしっかりと考える必要があります。