烏龍茶でダイエット?ポリフェノールで脂肪分解

ダイエット
スポンサードサーチ

中国茶の青茶に分類される烏龍茶ですが、最近では日本でもよく飲まれており親しまれています。特に夏場にはスーパーやコンビニで烏龍茶を買う人をよく見かけます。

そんな日本人に親しまれている烏龍茶には、実はダイエット効果があることをご存じでしょうか。当記事では、烏龍茶に隠されたダイエット効果について紹介します。

烏龍茶のダイエット効果とは

烏龍茶は食べ物の脂肪分を吸収し、身体の外へ出すダイエット効果を持っています。

この効果には、烏龍茶を作る際の製法が関係しています。

烏龍茶を作るためには、茶葉を一旦は発酵させるのですが、その後発酵を加熱によって止めてしまいます。

そのため、半発酵になり、この半発酵がポリフェノールになりダイエット効果をもたらしてくれます。

ポリフェノールは脂肪分解酵素を活性化する力があり、中性脂肪が分解して血中の中性脂肪を減少させてくれます。

そのため、ダイエット中の方にとっては非常に嬉しい効果を持っています。

アメリカとアジアの体型の差

アメリカではお茶を飲むにしてもノンシュガーで飲む方は少なく、体型がふくよかな方が多く肥満大国としても知られています。

対して、日本を始めアジアではノンシュガーでお茶を飲むのが基本で、スマートな方が多いです。

もちろん、日頃の食生活の違い等もあります。

しかし、最近では日本やアジアの様々な国でも欧米の食を取り入れるようになってはいますが、それでもアメリカと比較した際にアジアの方がスマートな方が多いです。

やはり、その差には烏龍茶が関係しているのではないでしょうか。

日頃からよく烏龍茶を飲む方は、脂肪分を多く摂取しても、その脂肪分を烏龍茶で排出できているため、太りにくいです。

対して、アメリカでは脂肪分を摂取して、その脂肪をそのままにしているため、食べた分太っているのではないでしょうか。

まとめ

烏龍茶には脂肪分を身体の外へ出す効果があるため、ダイエット中の方には非常に嬉しい飲み物です。

日頃、ジュースや炭酸飲料を飲んでいる方は、ダイエットを始めると共に烏龍茶を飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

日頃の飲み物を烏龍茶に変えただけですぐに痩せるといったことはありませんが、少しずつ身体に良い影響を与えてくれます。

もちろん、好みは人それぞれなので、烏龍茶が苦手な方は他のお茶を摂取してみても良いでしょう。

お茶にはダイエットに嬉しい作用が色々含まれているので、自分が求めている作用を持つお茶を日頃の食生活に取り入れてみてください。