パイナップルはダイエットに効果的!美肌にも効果あり

ダイエット
スポンサードサーチ

タンパク質分解酵素を含むパイナップルですが、腸活に良い豊富な食物繊維と癒し効果の元になるセロトニンを作り出すビタミンB6や食べたものを速やかにエネルギーに変えるクエン酸、肌の老化を防ぐビタミンCといった栄養のあるフルーツです。

そこでパイナップルの栄養を効率よく摂り入れてダイエットをサポートしてもらう方法をご紹介します。

広告

パイナップルにはタンパク質を分解する効果あり

パイナップルにはブロメラインというタンパク質を分解する酵素があります。このブロメラインは60℃以上になると、タンパク質を分解する力を失ってしまいます。そのため、ブロメラインにタンパク質の消化を助けてもらうには、フレッシュなパイナップルを食べるのがベストです。

生のパイナップルを食べた後に、口の周りや舌がピリピリすることがあるかも知れませんが、これがブロメラインの効果です。皮膚に長く触れているとブロメラインは私たちの肌も分解してしまいますので、食べるのなら一口サイズに切ったものの方が良いです。

丸ごと果実の状態でパイナップルを購入した場合には、食べるときに全部小さく切ってしまって、食べきれない分は小分けにして冷凍しておけば、ブロメラインの効果は残ります。

パイナップルは加熱するよりも常温か冷蔵・冷凍した方が、酵素の働きで肉や魚などのタンパク質の分解を助けてもらえます。カットしたパイナップルは冷蔵庫で2日ほどしかもちませんが、冷凍なら1ヶ月は保存できるのでおすすめです。

食後のパイナップルで美肌に!

パイナップルには100グラムあたり27ミリグラムのビタミンCが含まれています。フルーツとしては決して多くない量ですが、ビタミンCには美肌に必要なコラーゲンの合成や女性に欠かせない鉄分の補給を促す効果があります。

そのため食後のデザートとしてパイナップルをプラスすると、ブロメラインが分解したタンパク質から速やかにコラーゲンや鉄分を補うことができます。またビタミンCには、副腎皮質ホルモンを作り出して、身体をリラックスさせる効果もあります。

食事の後にパイナップルを食べるとブロメラインでタンパク質を分解しながら、ビタミンCがコラーゲンを作るので美肌になれるのです。その上、パイナップルには食物繊維も豊富なので腸活にも役立ってくれます。

パイナップルにある食物繊維は不溶性食物繊維といって、水や油に溶けないタイプの食物繊維になります。この不溶性食物繊維は腸の中で水分を吸って膨らむので、腸活に良いのですが消化されにくい物質でもあります。

ですが、ブロメラインがタンパク質を分解することで胃の負担を軽減するので、同時に不溶性食物繊維を摂っても胃腸に大きな負担がかからないのがポイントです。パイナップルジュースでも効果は得られるので、寝る前に食べるのが苦手な方にも取り入れやすい方法になります。

パイナップルジュースで美肌&ダイエット効果アップ

美肌とダイエットのためにパイナップルのジュースを飲むなら、ジュースの製造法に気をつけて欲しいです。加熱処理をしているとパイナップルの酵素は効果を失ってしまいますから、ストレート製法か濃縮還元でも熱処理をしていないものを選ぶとダイエットや美肌に効果があります。

ジュースの良いところは、消化されにくい食物繊維が細かくなっていることで胃の負担が少ないことと、噛む必要がないためブロメラインで口や舌が痛くならないことです。パイナップルにはビタミンB6もありますが、これには食べたものの脂肪分から肌の潤い成分のセラミドを作る働きがあります。

パイナップルでダイエット

肉や魚を食べた後に熱処理をしていないパイナップルを食べることで、酵素のブロメラインがタンパク質を分解すると、ビタミンCがコラーゲンを作り出してビタミンB6が脂肪の代謝を助けてセラミドを作ります。

ビタミンB6が脂肪分を分解した後は、クエン酸がエネルギーとして代謝に利用します。そして、食物繊維が腸からの排泄を促します。

胃腸は起きている間だけでなく、寝ているときにも活動しています。むしろ寝ている方が活発に働きます。無駄なものを溜め込まずタンパク質や脂肪を代謝して美肌成分を作り出すパイナップルはダイエットを応援してくれる嬉しいサポーターです。