もち麦ダイエットで痩せる!

ダイエット
スポンサードサーチ
広告

もち麦ダイエットで、痩せる!

もち麦ダイエット方法は、テレビでたびたび放映されています。
そのたびにもち麦が売り切れてしまうなんてこともありました。

地味に続けている方もいらっしゃるようです。
私も試してみたので紹介したいと思います。

もち麦とは?
もち麦は大麦の一種です。
お米にうるち米ともち米があるように「もち麦」はもち性の大麦のことを言います。

もち麦の特徴
もち麦は穀類の中でも食物繊維の含有率が高く、なんと白米の約20倍です。
さらに白米よりカロリーが低い!
そしてカルシウム、鉄分、カリウム、ビタミンB1、たんぱく質などの栄養素含んでいます。

もち麦の効果は?
豊富な食物繊維が含まれているので、便秘が解消する
血糖値の上昇を抑える
コレステロール値を改善する
内臓脂肪の軽減が期待できる
美容効果も期待できる(肌がきれいになるなど)

もち麦ダイエットのやり方
一番のおすすめは白米に混ぜて炊くという方法です。

★白米1合(150g)の場合
白米1合(150g)に対して、もち麦を50g加えます。
お水の量は、白米180ccともち麦100ccを合計した280ccを入れます。
研ぎ方は、通常の白米と同じで大丈夫です。
2合の場合は、数字を二倍、3号の場合は数字を三倍の量でOKです。

朝食にもち麦を食べると、余分な糖質がカットできるといううれしい効果もあります。
もち麦に含まれているβグルガンという栄養素が、糖質の吸収を抑えてくれからです。
効率のよい食べ方は、朝食に食べるということです。
朝食に食べることによって糖質の吸収を抑える効果が、次の食事まで続きます。

これは!すごい!

他にもち麦だけをゆでて、白米の変わりに食べるという方法もあります。
私はこの方法をやってみました。
もち麦はプチプチした食感でとても美味しくてくせもありません。
ゆでたもち麦をスープに入れて食べたり、サラダにのせて食べたりしました。

もち麦ダイエットは続けることが大切です。
もち麦を食べるだけでは、効果は少ないと思います。
野菜をとる、運動をすることも大切です。

そして二週間は続けてみることです。
なぜ二週間なのか?
腸内環境が二週間程度で改善されるからです。

もち麦に含まれる食物繊維が、徐々に腸内の善玉菌を増やしてくれ、痩せやすい身体になっていきます。
今、ブームの腸活です。
腸内の環境をよくする腸活は、ダイエットだけでなく、健康効果も期待できます。

私がもち麦ダイエットをやってみた感想

長年の便秘が解消しました。
これはびっくりです、何を試してもだめだったのに、もち麦の効果はすごかったです。
やはり食物繊維が豊富だからなんですね。

もち麦ダイエットは、今も続けていますが、暴飲暴食をしても太らなくなりました。

腸内の環境がよくなったからかもしれません。

みなさんも是非もち麦ダイエットを試してみてはいかがですか?