ゆる断食ダイエット!週2回だけで1か月ー3kg痩せの効果が?

ダイエット
スポンサードサーチ

断食ダイエットはその名の通り、ある一定期間、水以外口にしないという過酷ルールにより、短期間での高い減量効果が期待できますが、その一方でストレスが大きく、リバウンドしてしまう確率が高いとされています。

しかし、今回紹介します「ゆる断食ダイエット」は通常の断食ダイエットと比べて、「週2回」だけ実践するというゆるやかなもの。

この断食法はイギリスで考案されたもので、無理がないのに減量効果が高いとハリウッドセレブの間でも話題となりました。

平均すると1ヶ月で約-3kg、多い人では-6kgの減量に成功した人もいるほど。今回はこのゆる断食について詳しく解説していきたいと思います。


ゆる断食のやり方は?

ではまずは、ゆる断食の詳しいやり方についてご紹介していきます。ゆる断食のやり方にはいくつかルールがあり、これらのルールをしっかり守ることが減量成功のコツです。

ゆる断食ルール①断食日は間隔を空ける

週2回のルールである、ゆる断食ですが、土・日など連続で行わず、何日か間隔を空けることがポイントです。これは長時間の摂取量制限によるリバウンドを防ぐためであり、1日断食を行ったら翌日は通常の食事量が食べられるようになっています。

 

ゆる断食ルール②断食日の摂取カロリーは500~600kcalに抑える

通常の断食ダイエットは水以外は口にできないのがルール。しかしゆる断食ダイエットの場合は、女性なら500kcal、男性なら600kcalまでなら食べて良いルールになっています。

通常、1日平均摂取カロリーは女性なら2000kcal前後、男性なら2500kcal前後ですから、いつもの約4/1の食事量ではありますが、それでも500~600kcalなら軽食2回分くらいには相当しますから、全く食べられないというストレスはだいぶ軽減されます。

ゆる断食ルール③断食日の食事間隔は12時間空ける

ゆる断食は、しばらく体内に食べ物を入れないことで働き続けている消化器官を休ませ、体内リセットするのが目的。

これにより内臓機能が活性化し、体内に溜まった老廃物や脂肪などが排出されやすくなるため、ダイエット効果が得られます。

ですから、ゆる断食は体内に食べ物を入れない時間が長い方が効果が出やすく、間隔は12時間程度空けることがベストだとされています。

ゆる断食ルール④断食日は炭水化物の摂取は控える

断食日は500~600kcal食べられるルールになっていますが、炭水化物の摂取は極力控えることが成功のカギ。炭水化物は高カロリーなだけでなく、糖質が多く含まれています。

糖質は血糖値を上げる働きがあり、特に断食日など空腹状態に糖質を摂取すると、血糖値が急上昇。すると、急激に上がった血糖値を下げようとインスリンというホルモンが分泌されるため、また血糖値が急激に下がり、すぐに空腹の状態になってしまいます。

断食日は普段より食事量が減るので、これでは空腹が辛くなって失敗する確率大。これを防ぐには断食日の炭水化物は控えることが重要です。

その代りにおすすめなのが、魚や卵、大豆、赤身肉などのタンパク質や野菜、果物、ナッツ類。これらの食材は低カロリーでありながら適度な満腹感を得ることができます。

また、水分補給もこまめに摂ることもポイントです。一口ずつゆっくり飲むと空腹感をやわらげることができます。

ゆる断食ルール⑤断食日以外は通常の食事が食べられる

週2回の断食日以外の5日間は、いつも通りの食事が食べられるというのが、このゆる断食最大の特徴。勿論、ダイエット中であるので、暴飲暴食は禁物ですが、平均摂取量の範囲内なら、おやつやお酒なども普通に摂取可能。

これにより、継続がしやすく、無理なくダイエットができるというわけです。



 

ゆる断食は痩せる以外にもこんな嬉しい効果が!

減量目的が第一とされるゆる断食。しかし実は痩せる以外にも、次のような嬉しい効果が期待できます。

アンチエイジング効果

食べ過ぎは体内の内臓機能を鈍らせ、老廃物や脂肪などの毒素を溜めこみやすい身体になってしまいます。しかし体内に食べ物を長時間入れないことで内臓機能が復活し、体内の若返り遺伝子も活性化するため、アンチエイジング効果を望むことができます。

気持ちもポジティブに

うつ病などの精神疾患は脳の栄養不足が原因と言われています。脳の栄養不足を改善するにはたくさん食べることではなく、その逆で食べ過ぎを控えて断食を行うこと。これにより脳は神経栄養因子を増やすので幸福感が高まり、気持ちがポジティブになります。

美肌効果や便秘改善

消化器官を休ませることで体内の老廃物が排出されやすくなるとともに、血流が良くなります。結果、代謝がアップし、美肌効果や便秘改善に繫がります。

 

最後に

食べ過ぎは太るだけでなく、体内の活動機能を低下させ、老化を早めたり、美容の妨げにもなります。そんな時は無理なくできるゆる断食で、体内リセットを施していきましょう。そうすればキレイで健康的に痩せることができますよ。