おすすめ!ダイエット効果のある脂肪燃焼系サプリをご紹介!

ダイエット
スポンサードサーチ

食事制限のみのダイエットは体重は減っても、引き締まったしなやかなボディをつくることはできません。引き締まったボディをつくる為には、やはり運動が必要不可欠。しかし運動を継続して続けることは簡単なことではなく、運動で消費できるカロリーも意外に少ないため、結果が出にくいというのが難点ですね。

そんなときは脂肪燃焼系サプリを併用するのがオススメ。普段のダイエットに加え、サプリも一緒に摂取することで、効率的に脂肪を燃やしてくれるので、結果が出やすくなります。

そこで今回はオススメの脂肪燃焼系サプリをいくつかご紹介していきます。

 

ダイエット効果のある脂肪燃焼系サプリ①カフェイン

コーヒーやお茶に含まれることで知られるカフェインですが、このカフェインを摂取することによって、体内にあるリパーゼという脂肪燃焼分解酵素の分泌を活性化する働きがあるため、効率的に脂肪を燃焼してくれる効果があります。

その他にも、血行促進、疲労回復効果などがあり、運動や筋トレ後の疲れも感じにくくなります。また、適度な興奮作用もあるため、集中力を付けたい時や、眠気を覚ましにも効果的です。

摂取のタイミングは運動前15~30分前がオススメ。カフェインが体内に入って吸収されるには15分以上かかるからです。

 

ダイエット効果のある脂肪燃焼系サプリ②カプシェイト

カプシェイトとは唐辛子の辛み成分として知られる「カプサイシン」の仲間です。カプサイシンと大きく違うのは、辛みがないということ。

通常はこの唐辛子の辛さが代謝をアップさせ、効率的に脂肪を燃焼することができまると言われていますが、カプシェイトは辛みがないのに、カプサイシンと同じく脂肪燃焼効果を期待できます。

因みに、毎日のカプシェイトサプリの摂取に加え、いつも通りの食事、ラジオ体操レベルの簡単な運動、たったこれだけで3ヶ月でー12kgもの減量に成功した男性がいます。

このようにカプシェイトもカプサイシンもダイエット効果において、即効性と高い脂肪燃焼率が期待できるので、短期間で痩せたい人に特におすすめです。

どちらとも同じ効果を得られるので、どちらを摂取してもいいわけですが、カプサイシンの辛みは食べ過ぎると人体に悪影響を及ぼす危険があるので注意が必要です。

 

ダイエット効果のある脂肪燃焼系サプリ③Lカルニチン

Lカルニチンとはアミノ酸の一種で、私達の筋肉細胞に多く存在する栄養素で、主に牛肉の赤身や羊の肉などのタンパク質に多く含まれています。

このLカルニチンを適度に摂取していくことで、体内の脂肪を効率的にエネルギーに変え、健康的でしなやかな筋肉をつくり出すことができます。

ただ、Lカルニチンを摂取するにはお肉を毎日食べなければいけないので、それが大変という人はサプリメントがおすすめです。

そしてサプリメントを選ぶ際は、Lカルニチンが含有量が多いものを選ぶことがポイントです。中にはLカルニチンの含有量が少なく、他の栄養素の方が多く含まれているものもあるので、よく成分表を確かめて購入するようにしましょう。

ただし、Lカルニチンの1日摂取量上限目安は1000mgとされているので、上限目安を超えないように注意しながらの摂取を心がけてください。

 

ダイエット効果のある脂肪燃焼系サプリ④プロテイン

プロテインはお肉や魚に含まれるタンパク質のことを指し、このプロテインを摂取することで効率的にタンパク質の栄養素を体内に取り込むことができます。

タンパク質には傷ついた筋肉細胞を修復・回復させる効果があるので、筋トレや運動後にプロテインを摂取すれば、筋肉量を落とすことなく、メリハリあるボディをつくりあげることができます。

基本的には運動後45分以内に摂取するのが最適なタイミングとされていますが、寝る前に摂取するのも効果的です。

なぜなら、寝ている間に分泌される成長ホルモンという物質がタンパク質の吸収を促してくれるからです。肉や魚を寝る前に食べるのは難しいですが、プロテインなら手軽に摂取することができます。

寝る前の摂取目安タイミングは寝る30分前~1時間前が最適です。プロテインは太ると思う人もいると思いますが、プロテイン自体のカロリーは20gで74kcalと低カロリーなので、プロテインで太ることはあまりありません。

ただ、プロテインを過剰に飲み過ぎたり、その他の食事摂取量がカロリー過多になっていれば、当然太りやすくなります。

ですから、プロテインの効果だけを過信せず、その他の食事制限にもきちんと気を配ることが重要です。

 

最後に

いかがでしたか?闇雲にダイエットするよりも、これらのサプリを活用すれば、無理せず効率的に痩せることができます。是非、積極的にダイエットに取り入れていきましょう。