歯磨きで食欲を抑制!ダイエットに効果的

ダイエット
スポンサードサーチ

歯磨きは誰しもが生活習慣に取り入れている行為です。

基本的に朝と夜の2回に歯磨きをする方が多いのではないでしょうか。

多い方は1日3回以上する方もいるでしょう。

そして、そんな歯磨きを利用して、ダイエットを促進させることができるのです。

歯磨きで食欲を抑制

歯磨きは基本的に食事の後に行います。

ご飯を食べた後、お腹が満たされてから歯磨きを行うというのが生活習慣の中に取り込まれています。

そこで、ダイエット中の方は間食をしたくなったり、寝る前に何か食べたくなったりする際に、歯磨きをすることで食欲を抑えることができます。

歯磨きはお腹が満たされた後に行う行為」という考えが体に染みついているため、歯磨きを行うことで脳内がお腹が満たされていると感じます。

これは脳内の勘違いに過ぎませんが、それでも食欲の低下には効果的です。

また、歯磨きの後はせっかく歯を磨いたのだからという思いがあり、何かを口にしようという考えが起きにくくなります。

ダイエット中にも関わらず間食が多い方は、何か食べたくなった際に歯磨きをして食欲を抑えるようにしてみましょう。

歯磨きという行為には人間の心理を利用して、食欲を抑えるダイエット効果があるのです。

使用する歯磨き粉

歯磨き粉には様々な種類があります。

その中でも特に効果的なのがミント系の歯磨き粉です。

というのも、ミントの香りには食欲を抑える効果があるため、より一層食欲抑制の効果が働きます。

とはいえ 歯磨き粉の中には刺激が強いものも多く、頻繁に歯磨きをしていたら唇が荒れてしまうこともあります。

そのため、ミント系の中でも自分にあった歯磨き粉を使うようにしましょう。

歯磨き粉を自作する

自分で歯磨き粉を作ってみるという方法もあります。

歯磨き粉を作ると言っても、特に難しくはありません。

基本的な歯磨き粉の作り方は、重曹とグリセリンを2対1で混ぜて、そこにミント液などのミントの元を加えるだけです。

後は自分の口に合わせて調整したら完成です。

重曹の中には食用と掃除用があります。

成分自体に大きな違いはありませんが、掃除用の重曹を使うことは控えましょう。

まとめ

歯磨きをしただけで体重が減るといったダイエット効果はありませんが、間食したくなった際などに歯磨きをすることで食欲を抑えることが可能です。

つまり、歯磨きはダイエットのサポートを行ってくれているということです。

ダイエット中の方は、これまで以上に意識して歯磨きを日常生活の中に取り入れてみましょう。

もちろん、歯磨きをやりすぎて口の中を傷つけてしまわないように気を付けましょう。