食べる順番によって太りやすくなる?!太りにくい食べ方を解説!

ダイエット
スポンサードサーチ

「食べ過ぎていないはずなのに、何だか太りやすい」このように感じている人はいませんか?もしそう感じている人がいたら、それは食事の「食べる順番」に問題があるのかもしれません。

実は食べる順番によって、肥満度が変わり、太りやすくなったり、太りにくくなったりすると言われています。では、太らないための正しい食べ方とは一体どういった順番になるのでしょうか?

今回の記事で詳しく解説していきたいと思います。


食べ過ぎて太ってしまうのは血糖値が関係していた?

まず、太らないための正しい食べ方を解説する前に、食べ過ぎによって太ってしまう仕組みについてざっくりお伝えしていきます。

食べ過ぎて太ってしまうのは、体内の糖分が過剰に増えることに原因があります。私達は食事をすることによって、血液中の糖が増え(=血糖値が上昇)糖が増えるとインスリンというホルモンが分泌されるようになっています。

このインスリンというホルモンは、増えた糖分をエネルギーに変換してくれる働きがあり、エネルギーとして糖分が使われることで、上昇した血糖値がまた正常に戻る仕組みになっているのです。

しかし、必要以上に食べ過ぎて、大量の糖分を摂取すると、高血糖を引き起こし、それに伴ってインスリン過多になってしまうのです。

高血糖とは、体内の糖分が過剰に増え、血糖値が急上昇することをいいますが、血糖値が急上昇すると、血糖値を下げる為、インスリンの分泌も大量に放出されることになります。

そうすると、エネルギーとして変換しきれなかった糖分が余ってしまい、余った糖分は脂肪に作り替えられて体内に蓄積してしまうのです。これこそが食べ過ぎで太ってしまう原因です。

 

食べる順番によっても肥満度が変わる?

しかし、上記で解説したように、食べ過ぎれば太ってしまうことは理解できましたが、差ほど食べていなくても太りやすくなるとは一体どういうことなのでしょうか?

実は、私達が普段口にしている食べ物は、少なからずどれも糖分が含まれており、糖分が多く含まれている食べ物を口にすると、血糖値の上がりが高く、太りやすくなると言われているのです。

そしてこれらの食後血糖値の上昇度は「GI値」という指標で表されており、GI値が特に高いとされるのが、砂糖を多く使った食品、ご飯やパン、芋類などがあたります。

一方でGI値が最も低いとされているのが、野菜類。主にホウレン草などの葉物野菜やキノコ、ワカメなどの海藻類があたります。

ただし、カボチャ、サツマイモ、人参、トウモロコシなどの甘めの野菜はGI値が高めなので、野菜でも太りやすいので注意が必要です。

つまり、食事をする際、GI値の高いご飯や麺類、パンなどの主食から口にしてしまうと、血糖値の急上昇を招き、脂肪が蓄積しやすくなってしまうというわけです。

特に長時間空腹時が続いたときは、血糖値もその分さらに低くなっている状態ですから、この状態で、甘い物や菓子パンなどの高GI値食品を口にするのはかなりの危険行為。

トータル的に食事量は多くなくても、こういった食べ方が習慣化している人は、食べた物が脂肪として蓄積されやすくなっているので、食べ過ぎていなくても太ってしまうという状態に陥いってしまうのです。

しかもせっかく一緒に摂った筋肉のもととなるタンパク質も、糖分の過剰摂取によって代謝されず脂肪として蓄積。

このように、食べ方の順番一つで、脂肪の蓄積度合いが大きく変わってしまうのです。



 

太らないための正しい食べ方とは?

では、これらを防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか?それは実に簡単です。単純にGI値の低い食品から口にすれば良いのです。

GI値の低い食品から食べることで血糖値は緩やかに上昇していくので、脂肪に蓄積されにくくなり、肥満防止に繫がります。

では具体的にどういった順番で食べれば良いか、太らないための正しい食べ方をご紹介していきたいと思います。

 

食べる順番①汁物

体が冷えていると代謝が低下するので、まずは温かいお味噌汁などを口にして血行を良くするのが◎。具として、海藻類、野菜入りなら、さらに糖質の吸収を緩やかにできるのでおすすめ。また、温かいものは満腹感も得やすいので、食べ過ぎ防止としても効果的です。

食べる順番②野菜

続いては特にGI値が低い野菜類。汁物がない場合は、一番最初に食べたい食品。特に長時間の長い空腹の後は、いきなりご飯や麺、パンなどをガッつきたくなりますが、そこはぐっとこらえて、まずは先に野菜を食べましょう。

食べる順番③肉や魚

野菜の次に血糖値が緩やかなのが肉や魚などのタンパク質。ご飯と一緒食べても良いですが、よりダイエット効果を望むなら、肉や魚から食べるようにしましょう。

食べる順番④ご飯や麺類

要約最後にご飯や麺類を食べます。ここまで、汁物や、野菜やお肉などを口にして、血糖値は緩やかに上昇していきているので、ここで口にしても急激に血糖値が上がることはありません。さらに、ある程度咀嚼して食べていることで満腹感を得ているので、食べ過ぎ防止にもなります。

 

最後に

無理に食事量を制限しなくても、食べる順番を替えるだけで、痩せ体質を手に入れることが可能になります。今までいきなり、主食であるご飯や麺類、パン類を口にしてしまっていた人は、今後は汁物や野菜から食べることを習慣化していきましょう。